相続に関する基礎知識

 相続の対象となる財産は、現金、預貯金、美術品や自動車といった、相続にはプラスになる財産だけでなく、住宅ローンや借入金、裁判上の損害賠償責任のあるものなどマイナスの財産も含まれてしまいます。

 そんな難しい相続に関する勉強は、当サイトでどうぞ。

相続とは?

 相続というのは人が亡くなった時に、亡くなった人の財産上の地位を家族などの相続人が受け継ぐことをいいます。この場合には、亡くなった人のことを「被相続人」といい、財産を受け継ぐ人のことを「相続人」といいます。

 相続の対象となる財産は、現金、預貯金、美術品や自動車・貴金属などの動産、家屋や土地・農地・山林などの不動産、株券などの有価証券や借地権・借家権・電話加入権等のあらゆる債権、さらに特許権や著作権・商標権など無形の財産や、損害賠償請求権や損害賠償責任などの裁判上の地位も相続の対象とされています。このプラスの財産についてはご存じの方も多いのですが、じつは相続にはプラスになる財産だけでなく、住宅ローンや借入金、裁判上の損害賠償責任のあるものなどマイナスの財産も含まれてしまいます。どちらかの財産だけを引き継ぐことはできませんので、相続する時にはすべての債務を受け継ぐことになります。全ての財産を相殺した時に、プラスになる財産よりもマイナスになる財産の方が多い時には、どちらも受け継がないという方法(相続放棄)を選択することができるようになっています。

相続に関する最新NEWS


Fatal error: Call to undefined function getGoogleRss() in /home/m050c011/public_html/heylittlegirl.com/index.html on line 52